庄内コンシェルジュ

庄内コンシェルジュ

  • 検索

観光イベント 観光イベント

検索結果: 78
お店を絞り込む
カテゴリで絞り込む
エリアで絞り込む
設備で絞り込む
絞り込み検索する
78件中  1件~10件表示
  • 鶴岡市

全国花火50選にも選ばれている雄大な花火大会

第28回赤川花火大会2018(8月18日土曜日)

第28回赤川花火大会2018(8月18日土曜日)
  • クチコミ
住所
:山形県鶴岡市赤川河畔
TEL
:0235-64-0701


​第28回赤川花火大会 大会テーマ
誇り〜こころゆさぶる感動花火〜

今年の赤川花火大会の見どころ
全長2kmに渡る打ち上げ場所、上空幅は1,000mに及ぶなど、会場の広さを生かした規模は、全国でも珍しい花火大会と言われています。
全国花火50選に選ばれ、全国5指に入るとも絶賛されています。全国デザイン花火協議会から選りすぐりの花火師が参加し、天空に約12,000発の花火が花を咲かせます。
第27回赤川花火大会では、動員数30万人以上を数え、会場の多くの方々が感動で胸を震わせました。



 
  • 鶴岡市

庄内藩の参勤交代を再現 勇壮華麗な歴史絵巻を繰り広げます

荘内大祭(8月中旬)

荘内大祭(8月中旬)
住所
:山形県鶴岡市馬場町4-1
 
 荘内神社が創建された明治10年に、旧藩主を慕う市民の手でかつての大名行列が再現されたお祭りです。
天下人秀吉より賜った金びょうたん槍を先頭に、奴振り、鎧武者の甲冑列など総勢約500名からなる大名行列が、歴史絵巻を繰り広げます。
 また荘内神社を舞台に、酒井公が手厚く保護したという国指定重要民俗文化財「黒川能」が奉納上演されるほか、夜には、鶴ヶ岡城の外堀であった内川の水面を灯籠流しの灯りが彩ります。
  • 鶴岡市

山王商店街 最大のお祭り

おいやさ祭り(8月中旬)

おいやさ祭り(8月中旬)
住所
:山形県鶴岡市山王町
 
 山王通りにて、各地から参加する踊り子さん達による流し踊りや屋台の出店などで盛り上がります。大原則は「みんなの笑顔」!
踊る人も、演奏する人も、観る人も、関わっている人全員で創り上げるお祭りです。
  • 鶴岡市

日本海を望む野外ステージで伝統芸能を披露

夕陽能(8月下旬)

夕陽能(8月下旬)
住所
:山形県鶴岡市早田戸ノ浦606

 道の駅「あつみ」しゃりんオープン記念行事として開催され、温海地域の山五十川地区に伝わる、山形県指定無形民俗文化である「山戸能」を、日本海に沈む夕陽を背に上演します。
 お楽しみ抽選会やヨーヨー釣りなど、お子様が楽しめるイベントも盛りだくさんです。
  • 鶴岡市

山伏の大柴燈護摩で祈る風鎮めの祭り

八朔祭 蜂子神社祭(8月下旬)

八朔祭 蜂子神社祭(8月下旬)
住所
:山形県鶴岡市羽黒町手向字羽黒山33
TEL
:0235-62-2355
 
 
出羽三山神社の修験神事の一つで、開祖蜂子皇子の修行を辿る秋峰の行を行っている山伏によって、羽黒山頂の蜂子神社の前庭で大柴燈護摩が焚かれ、豊作と家内安全が祈られます。山伏たちによって点火された護摩は夜の羽黒山頂を照らしえんえんともえる様子は荘厳そのもので、1,400年の歴史と伝統をしのばせます。

 実った稲が潰されないように風を鎮める祭りで、陰暦の8月1日からその前夜を祭日としたので、八朔祭と呼んでいます。
  • 鶴岡市

鼠ヶ関港の新鮮魚介を堪能

とれたて!お魚夕市「エビまつり」(9月5日)

とれたて!お魚夕市「エビまつり」(9月5日)
住所
:山形県鶴岡市鼠ヶ関港周辺

鼠ヶ関港より直行!直売!新鮮さ間違いなしです。
 
通常山形県内では、夕方水揚げした魚がセリにかけられ、お店に並ぶのは早くとも翌日ですが、「とれたてお魚夕市」のお魚は、競り落されたばかりの鮮魚です。

◇◇平成27年開催情報◇◇
9月5日(土)は旬のエビづくしの「エビまつり」が開催されます。鼠ヶ関港水揚げの旬のエビをふんだんに使った、エビ汁、エビ丼、エビ焼き、エビ握り鮨を販売予定。エビを使用したメニューを中心に、鼠ヶ関の「んめもの」がたくさん販売されます。
  • 酒田市

酒田で民俗芸能を愉しむ

第47回酒田民俗芸能公演会 民俗芸能フェスタ(11月中旬)

第47回酒田民俗芸能公演会 民俗芸能フェスタ(11月中旬)
住所
:山形県酒田市本町2-2-10
TEL
:0234-24-2994

民俗芸能は各地で大事に守り伝えられてきたもので、五穀豊穣や家内安全などの祈りを込めて演じられてきました。
『民俗芸能フェスタ』では、こうした民俗芸能団体が一堂に会するイベントです。
今年は新潟県上越市の大潟米大舟保存会の皆さんが、酒田ではすでに途絶えてしまった酒田節・米大舟を披露します。
その他にも市内はもちろん新庄市、遊佐町からお招きした民俗芸能団体の皆さんが伝統芸能を披露して、華やかに競演します。

■公演内容(2016年)■
【オープニング】
酒田北前太鼓 酒田市立広野小学校

【出 演】
本楯神代神楽(市指定無形民俗文化財)〔本楯大物忌神社文化財保存会〕
亀ヶ崎獅子舞(市指定無形民俗文化財)〔亀ヶ崎獅子舞保存会〕
飛鳥湯立神楽(市指定無形民俗文化財)〔飛鳥湯立神楽保存会〕
杉沢比山(国指定重要無形民俗文化財)〔杉沢比山連中(遊佐町)〕
仁田山鹿子踊(県指定無形民俗文化財)〔仁田山鹿子踊保存会(新庄市)〕
大潟米大舟(上越市指定無形民俗文化財)〔大潟米大舟保存会(上越市)〕
  • 鶴岡市

鶴岡・食の一大イベント!

庄内酒まつり & 鶴岡ふうど(食×風土)駅スポ(7月中旬)

庄内酒まつり & 鶴岡ふうど(食×風土)駅スポ(7月中旬)
住所
:山形県鶴岡市錦町1-4

 米どころ庄内平野の全18酒蔵が醸した100種類以上の地酒が振舞われる「庄内酒まつり ~やまがた芳醇~」。
そして食のブースでは、だだちゃ豆や岩ガキ、寿司、鶴岡産蕎麦など、食の宝庫を実感する品揃えをご用意。伝統芸能披露や体験コーナーも設け、大人も子どもも楽しめます。
  • 鶴岡市

雪の降るまちを「鶴岡冬まつり」

日本海寒鱈まつり2018(平成30年1月21日日曜日)

日本海寒鱈まつり2018(平成30年1月21日日曜日)
住所
:山形県鶴岡市銀座通り商店街

厳寒の日本海の荒波でもまれ脂ののった寒だらをぶつ切りにし、みそ仕立てで丸ごと鍋にして味わう「寒鱈汁」(どんがら汁)は、鶴岡を代表する野趣あふれる冬の味覚。
この寒鱈汁を思う存分味わってもらおうというイベントが「日本海寒鱈まつり」。
鶴岡銀座通りを会場に、毎年約2万人のお客様を迎えて開催しています。
10店舗を超えるお店で寒鱈汁を準備するので、食べ比べも楽しみの一つです。また、鶴岡の特産品や冬の味覚も販売され、さらには、太鼓の演奏や歌、音楽などのステージイベントや新潟・秋田・石巻・北茨城などの観光物産展も開催されるなど、食べて満足、見どころたくさんのイベントです。
  • 鶴岡市

幻の魚「タキタロウ」が棲息する大鳥池のイベント

タキタロウまつり(5月最終日曜日)

タキタロウまつり(5月最終日曜日)
住所
:山形県鶴岡市大鳥字高岡55-8
TEL
:0235-53-2111

 朝日地域の大鳥池には、幻の巨大魚「タキタロウ」が生息しているという伝説があります。その幻の魚をモチーフにした、朝日連峰の北稜以東岳・大鳥池の山開きのお祭りです。

 渓流での魚のつかみどりやカヌースクール・ボートあそびなど、自然と触れ合えるイベントが盛りだくさん。また、山菜直売や魚の塩焼きなどの販売もあり、子供から大人まで1日中楽しめる行事となっています。