庄内コンシェルジュ

庄内コンシェルジュ

  • 検索

  •  日本で唯一の魚鱗一切供養塔で知られる五重塔があり、漁業関係に信仰厚い寺として知られています。

     姿を顕した二龍神(竜宮竜道大竜王、戒道大竜女)が寺号を授け、寺内の貝喰池に身を隠したという伝承が残り、龍神信仰の寺として航海安全や大漁を祈願する漁業関係者などから信仰を集めました。

     天保4年(1833年)に再建された龍王殿や安政2年(1855年)に寄進された五百羅漢堂、文久2年(1862年)に再建された山門、1883年(明治16年)に建立された五重塔などの諸堂のほか、菱田春草「王昭君の図」(国の重要文化財)などを保有しています。
    画像1
    文久二年に再建された総欅造りの楼門。楼上には、十六羅漢が安置されており、通常安置される仁王像ではなく、廃仏毀釈で羽黒山から移された毘沙門天像と韋駄天像が安置されています。
    画像2
    善寳寺本堂。昭和三十五年開堂で和様唐様折衷様式の寄棟本瓦葺で南部ヒバ材総檜造りの荘厳な建築となっています。
    画像3
    年に数回実施されるライトアップ。五重塔や楼門がライトアップされ、漆黒の暗闇に浮かぶ姿は幻想的な雰囲気を醸し出しています。

    インフォメーション

    名称 善寳寺(善宝寺)
    フリガナ ゼンポウジ
    住所 〒997-1117
    山形県鶴岡市下川字関根100
    TEL 0235-33-3303
    参拝時間 通年自由(ご祈祷受付5:00〜16:00)
    駐車場 あり(100台)
     

    マップ&アクセス

    山形自動車道:鶴岡ICから車で12分(7.0km)
    日本海東北自動車道:鶴岡西ICから車で13分(7.3km)
    JR羽越本線:鶴岡駅から車で18分(10.2km)
    JR羽越本線:鶴岡駅から湯野浜温泉方面バスで30分 善宝寺下車すぐ