庄内コンシェルジュ

庄内コンシェルジュ

  • 検索
  •  
     昭和57年5月、庄内松山藩主・酒井家の代々の居城である松山城のあった場所に開園された歴史公園です。松山藩としての歴史を持つ松山地区の歴史と文化を継承し、創造する交流拠点となっています。

     山形県指定文化財「松山城大手門」をはじめ、お堀や丸馬出しなど当時を偲ばせる遺構や、志士川俣茂七郎・篤志家齋藤元経らの石碑、そして幕末・明治と松山の礎を築いた松森胤保の胸像など、様々な文化財があります。

    ​ また園内では、4月下旬に桜、5月上旬にはツツジ、そして6月下旬にはスイレンが咲き、季節の花も見どころの一つです。
    画像1
    山形県指定文化財ともなっている「松山城大手門」は、県内に現存する唯一の城郭建築。江戸時代そのままの姿で残されています。
    画像2
    春から夏にかけて様々な花が見られる、自然豊かな公園。歴史と自然の見事な融合です。
    画像3
    園内にある松山文化伝承館では、藩政時代の歴史資料や、郷土ゆかりの画家の作品の展示などが行われています。

    インフォメーション

    名称 松山歴史公園
    フリガナ マツヤマレキシコウエン
    住所 〒999-6832
    山形県酒田市新屋敷36-2
    TEL 0234-62-2611
    営業時間 9:00~16:30
    定休日 月曜日(祝・祭日の場合は翌日)、12/29~1/3
    駐車場 あり(50台)
    料金 公園内散策は無料
    (敷地内の松山文化伝承館は入館料が必要です)
    問い合わせ 0234-62-2611(酒田市松山総合支所建設産業課)

    マップ&アクセス

    日本海東北自動車道:酒田ICから車で23分(13.8km)
    JR羽越本線:余目駅から車で12分(6.1km)
    JR羽越本線:酒田駅から車で23分(14.5km)