庄内コンシェルジュ

庄内コンシェルジュ

  • 検索
  •  
     樹齢約400年といわれる、全長20メートルにも及ぶ見事なクロマツ。高さ4メートル程度の主幹を差し置いて、図太い枝が這うように延びたものです。元は村上屋旅館(昭和35年廃業)の庭にあり、盆栽の松を地植えしたのがはじまりでした。
     
     昭和30年には山形県の天然記念物に指定され、その後の平成6年に、造園家・中島健氏の設計により現在の庭園が完成しました。永らく息づいてきた念珠の松を伝統的に残しつつ、多種多様な樹木や草花を植栽することで自然庭園の趣を形成。

     心を奪われる美しさが広がる空間となっています。
    画像1
    入り口の扉をくぐれば、美しい風景が広がります。
    画像2
    成長の過程で相当庭師の手が加えられており、美しい形状を保ってきました。全長も20メートルのところで切り留められています。
    画像3
    庭園をゆっくり鑑賞できるスペースも。住民や観光客の憩いの場となっています。

    インフォメーション

    名称 念珠の松庭園
    フリガナ ネンジュノマツテイエン
    住所 〒999-7126
    山形県鶴岡市鼠ケ関乙126-10
    TEL 0235-43-3547
    開園時間 【4月~10月】9:00~17:00
    【11月~3月】9:00~16:00
    休園日 なし(通年自由)
    駐車場 あり(12台)
    ※大型バスは「マリンパークねずがせき」駐車場をご利用ください。(徒歩3分)
    入園料 協力金として100円
    公衆トイレ 身障者用トイレあり
    問い合わせ 0235-43-4617(鶴岡市温海庁舎 産業課)
    0235-43-3547(あつみ観光協会)

    マップ&アクセス

    日本海東北自動車道:あつみ温泉ICから車で約12分(8.0km)
    JR羽越本線:鼠ヶ関駅から徒歩約2分(189m)