庄内コンシェルジュ

庄内コンシェルジュ

  • 検索
  •  
     かつて武士たちの手によって開拓され築き上げられた松ヶ岡地区。松ヶ岡開墾場はその歴史と文化が残る国指定史跡です。

     明治維新後の1872年(明治5年)旧庄内藩士3千人が、刀や槍から鍬や鋤に持ち替え開墾し、産業振興に貢献したとされる歴史の地です。月山山麓にひらける235ヘクタールもの広大な開墾地は、現在幾多の困難を乗り越え、その60戸余りの子孫によって継承され、創業の精神を今に伝えています。

     かつて場内で行われていた養蚕の建物を残し、現在では開墾記念館をはじめ庄内映画村資料館、農産物の直売所やクラフト、お食事処、ギャラリーなどが連なり、学びや癒しの場として多くの方々が足を運びます。
    画像1
    春には桜の名所として、たくさんの花見客が訪れます。
    画像2
    場内には、庄内映画村の資料館があります。
    画像3
    松ヶ岡地区開墾の歴史に触れながら、癒しを堪能してください。

    インフォメーション

    名称 松ヶ岡開墾場
    フリガナ マツガオカカイコンジョウ
    住所 〒997-0158
    山形県鶴岡市羽黒町松ケ岡29
    TEL 0235-62-3985
    営業時間 9:00~16:00(松ヶ岡開墾記念館)
    定休日 月~水曜日、12月~2月(松ヶ岡開墾記念館)
    駐車場 あり(30台)
    入場料 (松ヶ岡開墾記念館)
    一般 450円/学生 350円/小中学生 150円
    ※団体割引あり
    ※その他、施設により入場料がかかる場合がございます
    問い合わせ 0235-62-3985(松ヶ岡開墾記念館)
    備考 公衆トイレあり

    マップ&アクセス

    山形自動車道:鶴岡ICから車で21分(12.9km)
    JR羽越本線:鶴岡駅から車で16分(8.4km)