庄内コンシェルジュ

庄内コンシェルジュ

  • 検索
  •  
     昭和49年(1974年)酒田市名誉市民第1号となった土門拳氏より全作品約7万点が市に寄贈され、個人の写真展示館としては、昭和58年(1983年)10月にオープンしました。

     建物は土門氏と交友があった谷口吉郎氏の長男谷口吉生氏が設計を、中庭の彫刻がイサム・ノグチ氏、 銘板・年譜が亀倉雄策氏、造園設計・オブジェが勅使河原宏氏と、各々の分野で我国を代表する人々の手によって建造されています。

    ​ 2009年には、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として格付けされました。
    画像1
    館内から眺めることができる庭園。ゆったりとした時間を過ごすことができます。
    画像2
    土門拳記念室。土門拳が愛用したカメラや、ドキュメンタリー映像などを見ることができます。眼前に広がる白鳥池の先には、鳥海山を望むこともできます。
    画像3
    土門拳記念館前にある白鳥池の周囲には、約90種類以上の紫陽花があり、夏には色とりどりの紫陽花が目を楽しませてくれます。

    インフォメーション

    名称 土門拳記念館
    フリガナ ドモンケンキネンカン
    住所 〒998-0055
    山形県酒田市飯森山2-13
    TEL 0234-31-0028
    営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
    休館日 毎週月曜日【12月〜3月】※祝日の場合、翌火曜日
    年末年始、展示替日
    駐車場 あり(353台※飯森山公園供用)
    入館料 一般 430円 (370円)
    高大生 210円 (160円)
    小中生 100円 (80円)
    ※ ( )内は団体20名以上
    会員券 普通会員2名まで2,160円/特別会員10名まで10,800円
    備考 本間美術館、酒田市美術館もあわせてご覧になりたい方は1年間有効の三館共通券(1,610円)もございます。(各施設1回入館)
    バリアフリー全館対応、貸車いす5台、身障者トイレあり

    マップ&アクセス

    日本海東北自動車道:酒田ICから車で7分(3.9km)
    JR羽越本線:酒田駅から車で10分(4.6km)