集計期間:2018/04/27 ~ 2018/05/27

ランキング

観光スポット

1位
361Pt
丸池様
【遊佐町】

訪れるたび変化するエメラルドグリーンの水面

  • 住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦字七曲堰東56
  • TEL:0234-72-5886

 直径20m、水深3.5m、県内で唯一湧き水のみを水源とする池といわれています。光の加減により少しずつ色を変えていく、幻想的なエメラルドグリーンが見られます。

 後三年の役で、敵によって目を射抜かれながら、三日三晩その敵を探し求め、見事に討ち取ったという武勇伝が語られる鎌倉権五郎景正が、その後に目を洗ったのがこの丸池様。そのため、この池に住む魚は鎌倉景正に敬意を表してすべて片目であると言われています。

 池そのものが御神体として崇められてきた丸池様は、地域住民からも古くから信仰の対象として大切にされてきました。神聖な空間で、心も体も清められるようです。
2位
276Pt
産直あぐり
【鶴岡市】

[産直 野菜 フルーツ 贈答品 レストラン パン ジュース さくらんぼ ぶどう 梨 ラ・フランス 庄内柿 りんご バイキング 弁当 おにぎり ランチ]

安心で安全な旬な野菜、果物を皆様にお届けいたします

  • 住所:山形県鶴岡市西荒屋字杉下106-3
  • TEL:0235-57-3300
  • ランチあり
  • 駐車場あり

鶴岡市(櫛引地域)の国道112号線沿に産直あぐりはあります。
金峰山、母狩山の麓、雪深く昼夜の寒暖の差がある櫛引地域で育った野菜や果物には、うまみがギュッと詰まっていて、そして新鮮。
トレーサビリティ、GAP(生産工程管理)を取組み、安心で安全な作物を皆様にお届けできるよう生産者一同心掛けています。
あぐりでは毎月イベントを開催し、春には孟宗汁、秋には庄内風いも煮をあぐり自慢の大鍋で煮て販売します。
大きな鍋でたくさん煮た鍋は格別の味です。

また、それぞれの果物の旬の時期に試食会も開催されます。
果物なんて全部同じ味と思われる方もこの日は、「同じ果物でも作る人で味が違うもんだの~」と感心しきりです。
そして旬の果物を併設する加工施設で搾ったまるかじりジュース、りんご、和梨、ラ・フランス、トマトジュース、柿ドリンクも好評です。
ラ・フランスジュースは完熟したラ・フランスを搾った「プレミアム・フランスジュース」も新たに作られ、贈答用に大変喜ばれています。

産直ならではの新鮮な野菜、果物を皆様に喜んでいただけるように生産者、従業員一同お待ちしております。
 
ニュースあり
3位
267Pt
山居倉庫・酒田夢の倶楽
【酒田市】

[地酒 お土産 銘菓 特産品 工芸品 民芸品 レストラン つや姫]

酒田の魅力を満喫できる観光施設

  • 住所:山形県酒田市山居町1-1-20
  • TEL:0234-22-1223
  • ランチあり
  • 駐車場あり

 明治26年(1893)に建造され、築百年以上経った今も現役の農業倉庫として活躍している山居倉庫。平成16年に全12棟のうち11号館と12号館の2棟を改修し、酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」が誕生しました。

 「夢の倶楽」は、酒田の歴史と文化を紹介する「華の館」と、お土産コーナーがある「幸の館」の2棟で構成されています。館内には、夢の倶楽オリジナル「つや姫ソフトクリーム」や酒田の地酒が飲み比べできるファストフードコーナー、酒田の老舗料亭「香梅咲」の姉妹店である「食彩旬味 芳香亭」があり、季節ごとの旬のお料理をお愉しみいただけます。

 両棟の間にはシンボルの欅並木を眺めながら休憩できるオープンテラスがあります。(悪天候は除く)

 また敷地内には、庄内米の歴史を知ることができる「庄内米歴史資料館」や、庄内の旬の食材を販売している産直なども併設されています。合わせてご利用ください。
4位
215Pt
舞鶴公園
【酒田市】

[花見スポット 芋煮会]

タコさん滑り台が大人気!自然や施設が充実している公園

  • 住所:山形県酒田市麓字緑沢33-1
  • TEL:0234-64-3111
 
 タコさん滑り台がトレードマークの公園です。すぐ近くには野球場やゴルフ練習場などが整備された『八森自然公園』や日帰り入浴施設である『八森温泉ゆりんこ』があり、親子やグループで遊べる公園です。

 4月上旬の桜時期にはライトアップが行われ幻想的な景色も楽しめ、また、10月には芋煮会の会場としても人気で、一年中自然とふれ合える公園となっています。

 園内は、全面芝生で覆われており、広い広場を縦横無尽に走り回る子どもの声が響き渡ります。
5位
189Pt
鶴岡天満宮
【鶴岡市】

学問の神・菅原道真を祀るお寺

  • 住所:山形県鶴岡市神明町3-40
  • TEL:0235-22-3952

 学問の神・菅原道真が祀られており、その他にも豊作・災難除け、海難除けなどにもご利益があります。

 毎年5月25日には「鶴岡天神祭」、通称「化けものまつり」が開催され、老若男女の別なく、派手な花模様の長襦袢に角帯を締め、尻をからげ、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、手に徳利と杯を持ち、無言で酒を振る舞う習わしで、化けもの姿で、3年間誰にも知られずお参りができると、念願がかなうと言われています。


 3月下旬~4月上旬には、境内の梅が美しい姿をみせます。
5位
189Pt
叶宮神社
【鶴岡市】

願いが叶う叶宮

  • 住所:山形県鶴岡市羽黒町川代
  • TEL:0235-62-2517

知る人ぞ知る「叶宮(かのみや)」。

羽黒町川代の月山高原牧場内に鎮座するお宮です。

昔から「叶宮庚申」、良縁や安産、子宝に恵まれるとされ、庄内一円はもとより県内外からさまざまな"縁"を求めて祈願者が訪れます。

ご祭神は神としては、道案内の神である猿田彦大神をまつっており、かつては出羽三山の参拝客が立ち寄り安全祈願をしたといいます。

仏としては青面金剛童子をまつっております。


神の使いは「猿」で境内にはたくさんの猿の像が奉納されています。
御神体である三猿(見ざる・聞かざる・言わざる)の前で願いを祈った後、多数置いてある人形をひとつ持ち帰り願いが叶ったらその人形と一緒に新しい人形(境内内で販売しています)をひとつ供えるという風習があるようです。

 

市街から向かい月山高原牧場前の道路をさらにまっすぐ向かっていただくと道案内の看板が立っております。(月山高原ふれあいハウスの近くです)

7位
186Pt
山王日枝神社
【鶴岡市】

鶴岡地区最古の社「お山王はん」

  • 住所:山形県鶴岡市山王町2-26
  • TEL:0235-23-3202
 
 鶴岡地区で一番古い社と言われ、出羽国田川郡大宝寺村(現在の鶴岡市)草創以前にすでにあったと伝えられています。

 社殿内には「お山王はん歴史館」が開設され、慶弔16年(1611) に最上義光が奉納した鰐口や、阿部重道の門人が奉納した算額(鶴岡市指定文化財)をはじめ、城から貸し出された金瓢槍や鉄砲、鎧具足などを身にまとった氏子の町人が大名行列さながらに練り歩いたという祭礼行列「神輿渡り」の絵巻物の写しなど、神社ゆかりの品々を展示しています。

​ 山王日枝神社は、古くから「山王様」「お山王はん」などと呼ばれ、市民に親しまれてきました。
8位
160Pt
善寳寺(善宝寺)
【鶴岡市】

曹洞宗の三大祈祷場の一つであり、竜神を祀る名刹

  • 住所:山形県鶴岡市下川字関根100
  • TEL:0235-33-3303

 日本で唯一の魚鱗一切供養塔で知られる五重塔があり、漁業関係に信仰厚い寺として知られています。

 姿を顕した二龍神(竜宮竜道大竜王、戒道大竜女)が寺号を授け、寺内の貝喰池に身を隠したという伝承が残り、龍神信仰の寺として航海安全や大漁を祈願する漁業関係者などから信仰を集めました。

 天保4年(1833年)に再建された龍王殿や安政2年(1855年)に寄進された五百羅漢堂、文久2年(1862年)に再建された山門、1883年(明治16年)に建立された五重塔などの諸堂のほか、菱田春草「王昭君の図」(国の重要文化財)などを保有しています。
9位
154Pt
日和山公園
【酒田市】

[六角灯台 千石船 花見 広場 歌碑]

草花と海風の香り漂う、港町の公園

  • 住所:山形県酒田市南新町1-10
  • TEL:0234-26-5745

 池に浮かぶ迫力の船や、お洒落な西洋式の灯台がシンボルマーク。
まるで、一風変わった小さな港を訪れたような気分にさせてくれます。
草木の緑と水の青、そして様々な花木が織りなす彩り…。
とても雰囲気のある公園です。

 日本海に沈む夕陽が旅情をかきたてる日和山公園。園内には、日本最古級の木造六角灯台や方角石、往時活躍した千石船(1/2で再現)などがあり、港町の風情を醸し出しています。
また、全長1.2kmにわたる散歩道には、29基の文学碑が建てられ、江戸時代から昭和にかけて酒田を訪れた文人墨客を紹介しています。
 
 春は桜の名所となり、毎年4月中旬には酒田日和山桜まつりが開催されます。ソメイヨシノなど約400本の桜が咲き誇り、夜にはライトアップも行われます。
10位
133Pt
湯野浜温泉 足湯
【鶴岡市】

人気な温泉の足湯です

  • 住所:山形県鶴岡市湯野浜

 足湯はバリアフリーになっており、観光客、お子さんの方々と共に高齢者の方々も入りやすくなっています。
飲料水もあり、人気スポットのひとつです。
藤沢周平の「蝉しぐれ」中にある“蓑浦の湯宿”のモデルとなった場所でもあります。
15件中  1件~15件表示
前へ    1    次へ