カテゴリから探す

  • らーめん
  • グルメ
  • ナイトスポット
  • 美容・理容・ヘアサロン
  • 健康・リラク・ボディケア
  • ファッション
  • 習い事
  • 車・バイク
  • 遊ぶ
  • 生活
  • レジャー
  • おみやげ
  • 泊まる
  • 観光スポット
  • 観光イベント
  • 企業
  • 鶴岡市の求人
  • 酒田市の求人

条件から探す

Information

街パシャ
掲載をお考えの店舗様へ

庄内コンシェルジュインフォメーション

5件中  1件~5件表示
前へ   1   次へ  表示件数 :
鶴岡市  [古峯神社 由豆佐売神社 散策 ]

湯田川の地形と自然を生かした緑豊かな散策コース

住所:山形県鶴岡市湯田川字岩清水86 TEL:0235-35-4111

 
 由豆佐売神社から岩清水にかけての丘陵に、竹林をはじめ、コナラやトチノキ、アスナロ、ムラサキシキブなど60種近い樹木が植林され、一歩足を踏み入れると自然の豊かさを大いに感じる事ができる散策コースです。

​ この散策コースは、昭和26年に日本植物学会が鶴岡で開催されたのを記念して造られたもので、当時 山形大学農学部教授だった植物学者・佐藤正己氏(1910-1984)が「湯田川樹木園」造成計画の策定にあたりました。

 湯田川の地形と自然を生かした緑豊かな散策コースで、珍しい樹木にも出会えます。
酒田市  

四季折々の顔をもつ、山形県随一の直瀑

住所:山形県酒田市升田字大森52-1 TEL:0234-64-3115

 
 およそ1200年前に引法大使が神のお告げにより発見・命名したとされる、山形県随一の高さ63m、幅5mの直瀑です。かつては山岳宗教の修験場であり、滝の前には「御嶽神社」が祀られています。駐車場から滝へと続く遊歩道が整備されており、滝までは徒歩10分ほど。周辺には杉の大木が群生しているなど自然の豊かさを感じる事ができ、パワースポットとしても人気です。

 四季折々で様々な顔を見せる玉簾の滝は、寒さ厳しい1月中旬から2月には滝全体が凍る「氷柱」を見ることができ、春には雪解けの豊富な水量のダイナミックな滝、夏には多くの人が避暑に訪れ、秋には紅葉に染まった滝を見ることができます。

 平成11年から地域おこしの一環としてライトアップ(ゴールデンウィーク、夏休み)が実施され、昼の滝とは違った幻想的な世界が広がります。(詳細は「関連情報」をご覧ください)

 駐車場には「産直ららら」が併設されており、地元産の野菜やキノコ、玉こんにゃくなどの軽食も食べることができます。(土日祝のみ営業。冬期休業)
クチコミ
鶴岡市  

湯殿山信仰の極み 即身仏「真如海上人」安置

住所:山形県鶴岡市大網入道11 TEL:0235-54-6301

 
 庄内三十三観音9番礼所。
弘法大師が開山された寺として知られる湯殿山の総本寺です。
弘法大師自作の御本尊と即身仏「真如海上人」、国指定重要文化財「釈迦如来(金剛仏)」を安置し、徳川将軍家の祈願寺で春日局が参詣した寺として、全国に名を轟かす由緒ある寺です。

 また、風神雷神が安置され、その奥には鎌倉時代の運慶作の仁王像が鎮座する「仁王門」(山形県指定文化財)があります。
旧境内にそびえ立つ樹高約27メートルの老杉「皇壇の杉」(山形県指定文化財)は近年パワースポットとして注目を集めています。
遊佐町  

四季を楽しむトレッキングコース

住所:山形県飽海郡遊佐町吉出字懐ノ内地内 TEL:0234-72-5886


 月光川の上流にある、鳥海山の清らかな水を集めた渓谷が一ノ滝・二ノ滝です。

 巨岩の間を落ちる滝の音と鳥のさえずりを聞きながら、広葉樹林を四季を通して楽しむことができます。
 整備されたトレッキングコースにはなっていますが、急勾配や足元が悪い箇所があるので、小さなお子様連れやご年配の方はご注意ください。トレッキングコースは鳥海山山頂まで続いています。

【一ノ滝】駐車場から徒歩
約15分
・駐車場から赤い鳥居をくぐり、鬱蒼としたブナ林を進むと一ノ滝神社が現れます。一ノ滝はそのすぐそばにあり、絶壁を流れ落ちる豊かな水量と轟音が訪れた人に感動を与えます。滝つぼ近くまで階段が設置されていて、そこからの展望は格別です。

【ニノ滝】一ノ滝から徒歩約20分
・一ノ滝からさらに奥へと進むとニノ滝が現れます。落差25mで2条に分かれて流れるニノ滝は、千畳ヶ原をはじめ広い区域の水が集まるため水量は多く、鳥海の名瀑としても有名です。2月には氷柱トレッキングが行われ、大きなつららとなり蒼く幻想的な姿を見ることができます。
遊佐町  

遊佐町で最も有名な湧水の名所

住所:山形県飽海郡遊佐町吉出懐ノ内地内 TEL:0234-72-5666


 鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている様子が身体の「どうっぱら」という例えで呼ばれている胴腹滝。行列ができるほどの遊佐の名水として県内外の人が訪れる遊佐町の人気スポットです。

 不動尊を真ん中に岩の裂け目から左右に二筋の滝が流れており、湧き出た水は右と左で味が違うと言われていて、水を汲んでいる人の中には、右の水を飲む人・左の水を飲む人・半分ずつ混ぜる人など好みがわかれます。※湧水は殺菌されていない自然水です。
 山深く雪も多いですが、冬でも凍ることなく、一年を通して水汲みの人が絶えません。

 滝に向かう途中の整備された遊歩道では、杉並木が照り続ける陽射しを遮り、山の斜面からも豊かな清水が湧きだしています。
5件中  1件~5件表示
前へ   1   次へ  表示件数 :