カテゴリから探す

  • らーめん
  • グルメ
  • ナイトスポット
  • 美容・理容・ヘアサロン
  • 健康・リラク・ボディケア
  • ファッション
  • 習い事
  • 車・バイク
  • 遊ぶ
  • 生活
  • レジャー
  • おみやげ
  • 泊まる
  • 観光スポット
  • 観光イベント
  • 企業

条件から探す

Information

街パシャ

庄内コンシェルジュインフォメーション

 


新着情報 - 観光スポット


 
90件中  1件~20件表示
前へ   1 2 3 4 5   次へ  表示件数 :
三川町  

三川町のシンボルの大けやきです。

住所:山形県東田川郡三川町押切新田字前川原247 TEL:0235-66-4656


 町指定の天然記念物でもある山の神のケヤキです。
 根の周り7m、高さ25mのケヤキは樹齢350年から400年超と推定されています。四季によって細やかに表情が移り変わる繊細さで、見る者の心を和ませてくれます。

 ケヤキの立つ「山の神神社」には大山祇命(おおやまつみのみこと)が祀られており、地元では子供好きな神様として伝説が残っています。

<子供好きな神様の伝説>
 その昔、近くにあった沼から上がった神様がありました。子供と遊ぶのが大好きな神様で、境内は子供たちで賑わい、子供たちは神様の首に縄を巻いて引きずり回して遊んでいました。それを見た大人たちは、山の神様を野ざらしにしては申し訳ないと、お堂を建てて安置するようになりました。

 この神様は容貌が悪く、自分より容貌が悪い魚の「オコゼ」をあげると喜ぶということで、以前はよく漁師の人が「オコゼ」を奉納していたそうです。また、この神様は女の神様で夫婦の神様、お産の神様として信仰されています。
鶴岡市  

田麦俣地区に残る多層民家

住所:山形県鶴岡市田麦俣七ツ滝135 TEL:0235-54-6103


 四層構造の多層民家の里として知られている田麦俣地区。
緑の中に茅葺き屋根の民家が点在し、まるで昔話の世界に迷い込んだ錯覚さえ覚えます。
多層民家は、江戸時代後期の文化文政年間に建てられたものと推定されています。

 当初は寄棟造りで、明治に入り養蚕が盛んになると、輪郭と反りが美しい「兜造り」に屋根が改造され、平側にも採光と煙出しの窓が造られて、風格にのある建物に変わっていきました。
この地方は、土地が狭いうえに積雪が多く、建物の増築が困難であったため、毎日の暮らしと作業・養蚕のための部屋が一つの建物の中にまとめられて多層の形になったと言われています。
酒田市  [茶道,邦舞,講演会,]

本格的和風建築の生涯学習施設

住所:山形県酒田市飯森山3-17-86 TEL:0234-31-3737


 出羽遊心館は京都伝統建築技術協会理事長の中村昌生氏が設計し、平成6年10月に開館した本格的和風建築です。
和風の意匠を基調とし、金山杉などの天然の樹木を使用した大小の和室や板の間、本格的な茶室「泉流庵」など、高い技術で建設された施設です。
この建物は酒田市で唯一公共建築百選に選ばれています。※館内には抹茶のサービス(300円)もあります。

 建物を囲む回遊式庭園では、約9000本の樹木が季節ごとに彩りを変え、年間を通じて楽しめることができます。
また、建物からの眺望も素晴らしく、秀峰鳥海山や霊峰月山、最上川越しには市街地が一望できます。
鶴岡市  

湯殿山信仰の極み 即身仏「鉄門海上人」安置

住所:山形県鶴岡市大網字中台92-1 TEL:0235-54-6536


 庄内三十三観音第31番札所。
弘法大師が湯殿山をかいざん開山した折、堂字を建て、諸人の祈祷所にしたのが、開創と伝えられている歴史ある寺で、森敦の小説「月山」(芥川賞受賞)の舞台としても知られている。
 
 鉄門海上人の即身仏が安置されており、境内には森敦文学碑があります。
境内の「七五三掛桜」は、樹齢約200年のカスミザクラとして有名です。(鶴岡市指定天然記念物)

※ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(2009年2月)にて下記の評価をいただきました。
注連寺☆☆ 即身仏☆☆ 天井画☆ 鰐口☆
酒田市  [子供 アスレチック あじさい 土門拳 運動場 ピクニック レジャー 家族 ファミリー]

周辺施設も充実!家族で楽しめる酒田市の人気公園

住所:山形県酒田市飯森山2丁目13 TEL:0234-26-5764


公園内にはアスレチックなどの遊具、多目的グランドや白鳥池、日本で初めての写真美術館である土門拳記念館があります。
公園内にあるアスレチックはローラー滑り台ほか、様々な遊具が設置されており、週末に限らず多くの家族連れで賑わいます。
トイレ・駐車場・自動販売機などの設備も充実。子供を連れで遊びに行くにはかなり楽しめる公園です。
白鳥池や土門拳美術館周辺は鳥海山が一望できるほか、94種、15300株のあじさいが植えられており、6月下旬から7月上旬には、色とりどりの花を楽しむことができます。
酒田市  [公園 広場 子供 キャンプ スポーツ ピクニック アウトドア 家族 体験]

子供と遊べる自然豊かな憩いの場

住所:山形県酒田市浜中粮畑306-7 TEL:0234-92-4427


 庄内空港のすぐ隣に立地する庄内空港緩衝緑地。
多目的に遊べる公園として週末に限らず多くの子供連れの家族などで賑わう人気スポットです。
緑地内にはアスレチックや多目的広場、庄内を囲む山々を一望できる展望台などもあり、トイレや自動販売機などの設備も充実しております。
また、展望台からは庄内空港で離発着する飛行機を間近で見ることもできます。
クチコミ
遊佐町  

川沿いに並ぶ桜並木!遊佐町一番の桜です

住所:山形県飽海郡遊佐町直世尻地59 TEL:0234-72-5666


 中山集落のそばを流れる洗沢川左岸堤防に桜が植栽されています。この桜は昭和33年に皇太子御成婚記念として60本あまりが植栽されたものです。
 桜並木の美しさと合わせて、下流から眺めると残雪を被った鳥海山が背景に現れ一枚の絵のような景色になります。そのため多くの観光客やカメラマン、画家の皆さんでにぎわいます。花見の時季には提灯がともされ、風情のある夜桜も楽しめます。
庄内町  [花見スポット ファミリー牧場]

鳥海山を遠くに望む美しい景観の公園

住所:山形県東田川郡庄内町小出新田


鳥海山を遠くに望む美しい景観の公園です。春には見事な桜が咲き、開花に合わせて数多くの鯉のぼりが揚げられます。
また、ファミリー牧場に放牧されている羊や山羊は子供に大人気となっており、毎年9月に開催される小出沼親水広場まつりで味わえるジンギスカンは絶品です。
鶴岡市  [加藤嘉八郎有邦 尾浦城跡 花見 加嘉山公園 桜 上池 下池 レジャー ハイキング]

庄内平野を一望できる!絶景の大公園

住所:山形県鶴岡市大山

 
 大山公園は、戦国大名武藤氏の居城であった尾浦城址です。もともと天領であった大山の地が庄内藩の預かりとなり、それに抵抗した住民が一揆を起こした歴史を持ちます。
 農民の敗北に終わった大山騒動ですが、重罰を逃れられたことを三吉大神に感謝し、尾浦城山に桜を植えたことから、今では桜の名所として親しまれるようになりました。
 以後、昭和の初めに地元大山の酒造家・加藤嘉八郎有邦により整備され「加嘉山公園」が完成し、後に「大山公園」と名前を変えて現在に至ります。
 園内は坂や石段が多く、プチ登山感覚でハイキングを楽しむことができます。いたるところにある展望スペースからは、庄内平野や月山、公園内の上池・下池など、360度違った美しい景色を拝むことができます。歴史・文化や自然に触れながら、一日中楽しめる公園となっています。
酒田市  [花見スポット 芋煮会]

タコさん滑り台が大人気!自然や施設が充実している公園

住所:山形県酒田市麓字緑沢33-1 TEL:0234-64-3111

  • 禁煙
 
 タコさん滑り台がトレードマークの公園です。すぐ近くには野球場やゴルフ練習場などが整備された『八森自然公園』や日帰り入浴施設である『八森温泉ゆりんこ』があり、親子やグループで遊べる公園です。

 4月上旬の桜時期にはライトアップが行われ幻想的な景色も楽しめ、また、10月には芋煮会の会場としても人気で、一年中自然とふれ合える公園となっています。

 園内は、全面芝生で覆われており、広い広場を縦横無尽に走り回る子どもの声が響き渡ります。
鶴岡市  [鶴岡市 荘内神社 花見 藤沢周平 桜 ツツジ アヤメ]

庄内藩主・酒井家の居城・鶴ヶ岡城址公園

住所:山形県鶴岡市馬場町4 TEL:0235-25-2111


 酒井家が庄内藩主として約250年来居城とした「鶴ヶ岡城」跡に整備された公園で、敷地内の堀や石垣、樹齢数百年の老杉が城の名残りを感じさせます。鶴岡市の中心部に位置し、付近には致道博物館や藤沢周平記念館などの文化財や史跡が集中しています。

 園内にはとにかく美しい花々が多く見られ、特に春には桜の名所として広く知られています。また夏から秋にかけても、ツツジやアヤメ、バラといった多種多様の花々が咲き、四季を通し違った表情で私たちを楽しませてくれます。
遊佐町  

丸い湯船が印象的な足湯です

住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦

 
 温泉は、鳥海温泉の源泉を利用しているそうです。
飲用の温泉もあります。ここは、湯栓から常に放流し、衛生面も考えて滞留しないようにしているようです。
 戸があり四方が囲われているので、足湯でも体全体が暖かくなります。
鶴岡市  

人気な温泉の足湯です

住所:山形県鶴岡市湯野浜


 足湯はバリアフリーになっており、観光客、お子さんの方々と共に高齢者の方々も入りやすくなっています。
飲料水もあり、人気スポットのひとつです。
藤沢周平の「蝉しぐれ」中にある“蓑浦の湯宿”のモデルとなった場所でもあります。
鶴岡市  

もっしぇ湯でコーヒーブレイク

住所:山形県鶴岡市湯温海甲170 TEL:0235-43-4390


 「もっしぇ」とは、庄内地方の方言で「ちょっとおもしろい」を意味します。

 施設内には足湯カフェ「チットモッシェ」があり、カフェスペースではランチや軽食、スイーツが食べられるほか、古材や古家具を使用した展示スペースが整備され、温海地域などの民工芸品の展示販売、地域紹介や観光情報の提供も行っています。

 足湯は無料で利用できるので、足湯に入りながらスイーツやコーヒーを楽しんだり、あつみ温泉の散策途中に立ち寄ったりと、多くの人たちで賑わいます。
酒田市  

花が彩る公園

住所:山形県酒田市総光寺沢12-6

 
 總光寺の手前に位置する小さな憩いのスペース。ツツジやアヤメ、藤など様々な花に彩られる、風情溢れる公園です。
 公園脇からは總光寺まで続く参道が長く延びており、樹齢350年のキノコスギが待ち構えます。静かな森の一角で、落ち着いたひと時と過ごせる空間です。
鶴岡市  

平成15年3月、温海温泉葉月橋通りにできた足湯です

住所:山形県鶴岡市湯温海甲173 TEL:0235-43-4617


 平成15年3月にあつみ温泉葉月橋通りにオープンした足湯「あんべ湯」。

 道の真ん中に作ったので、通り・並木道を意味するアベニュー(Avenue)に、温海の訛りで塩梅(健康・調子)を意味する「あんべ」を掛けています。

 四季を通じてご利用いただけますが、春から秋にかけて温泉街をそぞろ歩きする人たちなど、あつみ温泉を訪れた人たちで特に賑わいます。
 近くを流れる温海川のせせらぎも聴こえ、通りを流れる風や鳥の声など、足湯に浸かりながら時間を忘れてお過ごしいただけます。

 是非、温海温泉の名所、葉月橋通りで足湯につかり、身も心もいいあんべになってください。
酒田市  [六角灯台 千石船 花見 広場 歌碑]

草花と海風の香り漂う、港町の公園

住所:山形県酒田市南新町1-10 TEL:0234-26-5745


 池に浮かぶ迫力の船や、お洒落な西洋式の灯台がシンボルマーク。
まるで、一風変わった小さな港を訪れたような気分にさせてくれます。
草木の緑と水の青、そして様々な花木が織りなす彩り…。
とても雰囲気のある公園です。

 日本海に沈む夕陽が旅情をかきたてる日和山公園。園内には、日本最古級の木造六角灯台や方角石、往時活躍した千石船(1/2で再現)などがあり、港町の風情を醸し出しています。
また、全長1.2kmにわたる散歩道には、29基の文学碑が建てられ、江戸時代から昭和にかけて酒田を訪れた文人墨客を紹介しています。
 
 春は桜の名所となり、毎年4月中旬には酒田日和山桜まつりが開催されます。ソメイヨシノなど約400本の桜が咲き誇り、夜にはライトアップも行われます。
酒田市  [日本海からの魚介類]

新鮮な庄内浜の魚介が買える!味わえる!

住所:山形県酒田市船場町2-5-10 TEL:0234-23-5522


 平成15年にオープンした「さかた海鮮市場」は、酒田港のすぐそばにあり日本海で水揚げされたばかりの新鮮で美味しい魚を取り揃えています。

​ 1階にある菅原鮮魚では、地魚を中心に取り揃えており、調理方法のご案内や、お持ち帰りに便利な箱詰めも依頼できます。
 また、ウッドデッキや送迎テラスから酒田港を一望できるのも魅力で、定期船とびしまのお見送りをする人も多くいます。

 2階には海鮮どんや「とびしま」があり、酒田港を眺めながら、海鮮丼や船盛膳などの食事を楽しむことが出来ます。
遊佐町  

歴史と自然にひたる古刹です

住所:山形県飽海郡遊佐町直世仲道3 TEL:0234-72-5666

 
 永泉寺はもともと、7世紀に役行者が鳥海山の中腹に開いた道場であったと伝えられています。823年に慈覚大師が寺を建立し、1382年に現地に移りました。入り口には、迫力ある仁王像や美しい格天井が特徴の仁王門が構えます。

 境内には県の有形文化財である石造九重層塔なども見られます。また、町指定天然記念物のトラノオモミや、北限となるシュウブンソウはじめ、鮮やかな草花が咲き誇る美しい庭園が魅力です。
酒田市  

湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」

住所:山形県酒田市山居町1-1-20 TEL:0234-24-2233


 米どころ庄内のシンボル「山居倉庫」は明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。

 米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現役の農業倉庫です。

 樹齢150年以上のケヤキ41本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。

​ 敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設され観光客で賑わっています。
90件中  1件~20件表示
前へ   1 2 3 4 5   次へ  表示件数 :