カテゴリから探す

  • らーめん
  • グルメ
  • ナイトスポット
  • 美容・理容・ヘアサロン
  • 健康・リラク・ボディケア
  • ファッション
  • 習い事
  • 車・バイク
  • 遊ぶ
  • 生活
  • レジャー
  • おみやげ
  • 泊まる
  • 観光スポット
  • 観光イベント
  • 企業
  • 鶴岡市の求人
  • 酒田市の求人

条件から探す

Information

街パシャ
掲載をお考えの店舗様へ

庄内コンシェルジュインフォメーション

 


新着情報 - 観光スポット

90件中  1件~20件表示
前へ   1 2 3 4 5   次へ  表示件数 :
鶴岡市  [産直 野菜 フルーツ 贈答品 レストラン パン ジュース さくらんぼ ぶどう 梨 ラ・フランス 庄内柿 りんご バイキング 弁当 おにぎり ランチ]

安心で安全な旬な野菜、果物を皆様にお届けいたします

住所:山形県鶴岡市西荒屋字杉下106-3 TEL:0235-57-3300

  • ランチあり
  • 駐車場あり

鶴岡市(櫛引地域)の国道112号線沿に産直あぐりはあります。
金峰山、母狩山の麓、雪深く昼夜の寒暖の差がある櫛引地域で育った野菜や果物には、うまみがギュッと詰まっていて、そして新鮮。
トレーサビリティ、GAP(生産工程管理)を取組み、安心で安全な作物を皆様にお届けできるよう生産者一同心掛けています。
あぐりでは毎月イベントを開催し、春には孟宗汁、秋には庄内風いも煮をあぐり自慢の大鍋で煮て販売します。
大きな鍋でたくさん煮た鍋は格別の味です。

また、それぞれの果物の旬の時期に試食会も開催されます。
果物なんて全部同じ味と思われる方もこの日は、「同じ果物でも作る人で味が違うもんだの~」と感心しきりです。
そして旬の果物を併設する加工施設で搾ったまるかじりジュース、りんご、和梨、ラ・フランス、トマトジュース、柿ドリンクも好評です。
ラ・フランスジュースは完熟したラ・フランスを搾った「プレミアム・フランスジュース」も新たに作られ、贈答用に大変喜ばれています。

産直ならではの新鮮な野菜、果物を皆様に喜んでいただけるように生産者、従業員一同お待ちしております。
 
ニュース
三川町  

三川町のシンボルの大けやきです。

住所:山形県東田川郡三川町押切新田字前川原247 TEL:0235-66-4656


 町指定の天然記念物でもある山の神のケヤキです。
 根の周り7m、高さ25mのケヤキは樹齢350年から400年超と推定されています。四季によって細やかに表情が移り変わる繊細さで、見る者の心を和ませてくれます。

 ケヤキの立つ「山の神神社」には大山祇命(おおやまつみのみこと)が祀られており、地元では子供好きな神様として伝説が残っています。

<子供好きな神様の伝説>
 その昔、近くにあった沼から上がった神様がありました。子供と遊ぶのが大好きな神様で、境内は子供たちで賑わい、子供たちは神様の首に縄を巻いて引きずり回して遊んでいました。それを見た大人たちは、山の神様を野ざらしにしては申し訳ないと、お堂を建てて安置するようになりました。

 この神様は容貌が悪く、自分より容貌が悪い魚の「オコゼ」をあげると喜ぶということで、以前はよく漁師の人が「オコゼ」を奉納していたそうです。また、この神様は女の神様で夫婦の神様、お産の神様として信仰されています。
鶴岡市  [海岸 厳島神社 源義経 魚介 夕日]

源義経上陸の地

住所:山形県鶴岡市鼠ケ関 TEL:0235-43-4617

 
 その昔、源義経が兄・源頼朝の追討を逃れ、奥州平泉に向かう途中に上陸したのがここ「弁天島」と伝えられています。昭和41年の大河ドラマ「源義経」にちなみ、島に祀られる厳島神社境内には記念碑も建てられました。
 
 もともとは離れ小島だったという弁天島ですが、現在では遊歩道なども整備され、シンボルとなる鼠ヶ関灯台の元まで気軽に散策できます。平成28年8月29日には、日本ロマンチスト協会と日本財団が共同で実施する「恋する灯台プロジェクト」において、鼠ヶ関灯台が恋する灯台(恋する灯台のまち)として認定されました。
 周遊コースは見渡す限り海が広がり、夕暮れ時には日本海に沈む美しい夕日も望めます。


 近くには鼠ヶ関鮮魚センターがあり、その日にあがった鮮魚やイカの一夜干し、魚の一夜干しなどの加工品を売る地元のお母さんたちの元気な声が響きます。
鶴岡市  [由良海岸 夕日 日本海 釣堀]

由良のシンボル島

住所:山形県鶴岡市由良2 TEL:0235-73-2250

 
 由良海岸のシンボル的な島で、約3,000万年前の火山性噴火によってできた離島といわれています。
​ 高さ72m、周囲436mの島で、島内を散策できるように通路が整備されており、散策や釣りに興じる人たちが訪れます。263段の石段を登った
島の頂上には白山神社があり、そこからの日本海の眺望と達成感は爽快です。また、砂浜から架けられた177mの赤い橋は、夏にはライトアップもされ、とても幻想的な風景を醸し出します。

 周囲には海水浴で賑わう由良海水浴場や、釣り堀、新鮮な魚を買うことができる由良フィッシングセンターなどがあり、家族連れでも十分に楽しむことができます。

 島から見える由良海岸や日本海の大海原、沈みゆく夕日など、贅沢な景観を味わえます。
酒田市  [庭園 茶会 憩いの場]

名庭師が手掛けた絵画的庭園

住所:山形県酒田市浜田1-11-13 TEL:0234-23-0388

 
 明治24年、かつて本間家と並び称せられた大地主・伊藤四郎右衛門家の別邸として築造されました。当時50数名の門下を擁していた名庭師・山田挿遊によって作られた庭は、当時は園内に田んぼもあったというほど広大で、水田の水面に写る月をも庭の一部とする挿遊の作品は見事なものでした。

 現在では酒田市の所有となっている清亀園。もともと「清亀園」とは庭園の名称でしたが、現存する別邸を含めた名称となっています。規模は縮小されましたが、約250本の庭木や池、九基の石灯籠、庭石が美しく配置されており、由緒ある名園は市民の憩いの場として開放されています。

 現在は貸館施設となっており、お茶会や笛の会などに利用されています。
遊佐町  

すぐ隣に電車が走る庄内の穴場海水浴場

住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦字釜磯地内 TEL:0234-72-5666


 日本海有数の景勝地である「十六羅漢岩」や「鳥海ブルーライン」、「湯ノ田温泉」に近い海水浴場です。鳥海山の伏流水が所々で湧き出していて、その様が目で手で感じることができます。
 
 小さいお子さんを連れて行っても安心して楽しむことができ、磯があるので小さいカニや貝などの海の生き物に触れ合うこともできる小さいお子さんと一緒でも安心して楽しめる小規模な海水浴場です。

​ 目の前を走る羽越本線の電車に子供は大興奮!!
遊佐町  

背後に鳥海山の麗姿を望める、県内最大規模の海水浴場

住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦字西浜地内 TEL:0234-72-5886


 山形県庄内地方の海岸線の北部にある県内最大規模、背後には鳥海山の麗姿を望むことができる海水浴場です。海岸線に沿うように続く松林が特徴の白砂の美しい開放的な海岸です。

​ すぐ近くにはキャンプ場やコテージ村などの周辺施設が充実しており、アウトドアを満喫できる日帰りでは勿体無い絶好のスポット。


 西浜海水浴場は、環境面、施設面、安全面で大変整備の行き届いた海水浴場ということで、「日本の快水浴場百選」(環境省・平成18年)にも指定されています。
遊佐町  

遠浅の海と白い砂浜が広がる穴場的海水浴場

住所:山形県飽海郡遊佐町菅里字十里塚地内 TEL:0235-72-5886


 西浜海水浴場の南側に位置し、まっすぐに伸びた海岸線に遠浅の海と白い砂浜が広がる遊佐町十里塚海水浴場。

 西浜海水浴場ほど規模は大きくありませんが、地域のみならず、県外の方々で賑わう穴場的海水浴場!
遠浅の海水浴区域は子供に安全なので、小さいお子さん連れの家族におすすめの海水浴スポットです。

 夕陽スポットとしても人気があり、夕陽を見ることができるシーズンには、多くの人が集まります。
酒田市  

酒田みなとICからすぐ

住所:山形県酒田市宮海字砂飛地内 TEL:0234-26-5759


 国内最大級の風力発電の風車と鳥海山が一望できる海水浴場です。

 酒田みなとICから車で5分ほどの場所にあり、釣りの人気スポット「酒田北港」に隣接していて、釣りに海水浴にと年間を通じて楽しめるスポットです。砂浜は砂が細かいため裸足でも痛くないので、小さなお子様でも安心して遊ぶことができます。また、海水浴期間には地引網体験など各種イベントが開催されており、大人から子供まで一日中楽しめます。

 周辺施設である共同火力発電所の「あかりん館」では子どもの学習にも最適です。
酒田市  

庄内空港ICからすぐの海水浴場

住所:山形県酒田市浜中上村386 TEL:0234-92-3004


 庄内空港ICから車で5分♪庄内砂丘のど真ん中に位置する海水浴場です。名前にもあるように、あさりが採れる浜としても有名です。
 周囲にはテトラポットがなく、視界いっぱいに広がる大海原と白い砂浜のコントラストが美しい海岸です。さえぎるものがない日本海に沈む夕陽は絶景で、数多くの人たちが息をのんで見守ります。

 また「庄内夕日の丘キャンプ場」にも近く、アウトドア派にはオススメのスポット!

 海水浴期間中の土・日曜日には、庄内砂丘メロンの抽選会などの各種イベントもあり、海水浴場だけではなく様々な遊び方で楽しめます。
鶴岡市  

県内最大規模の海水浴場

住所:山形県鶴岡市湯野浜地内 TEL:0235-75-2258


 湯野浜温泉郷の長くのびた海岸線に広がる、県内最大規模の湯野浜海水浴場です。
 「日本の夕陽百選」にも選ばれた日本海に沈む美しい夕陽と、夜間の「漁り火」が幻想的な風景を見せるなど、魅力がいっぱいのスポットです。

 海水浴シーズンにはひと際盛り上がりを見せ、遊泳や浜遊びだけでなく、ビーチバレーやボートなど、マリンスポーツをする人たちが県内外から多く訪れます。

 「日本初の波乗りの地」としても知られており、地元の子供たちが舟を作る板を手に沖合に出て行き、波に乗って帰ってくる遊びをしていた様子が古い文献に残っています。また、そこから派生し「湯野浜荒波乗り」という、道具を使わず胸板のみで波乗りをする遊びが生まれたのだとか。海岸には「湯野浜荒波乗り」のモニュメントもあります。
鶴岡市  

家族連れにオススメの人工ビーチ

住所:山形県鶴岡市加茂地内 TEL:0235-33-3023


 加茂水族館と駐車場をはさんですぐご近所さん。人工の砂場・磯場として整備された、綺麗な海水浴場です。

 ビーチの近くまで車で入ることができ、何かと大荷物になる海水浴には便利な場所となっています。また磯場では、海藻や貝なども見られ、生物観察の場としても最適!1日中飽きずに過ごせますね。なお、磯場では怪我防止のため履物を着用することをおすすめします。
鶴岡市  

風光明媚な美しい海水浴場

住所:山形県鶴岡市由良2-14-53 TEL:0235-73-2250


 白山島を眺めながらの遊泳に、コントラストが美しい夕日、夜間のライトアップなど、1日を通して美しい風景を楽しませてくれる由良海岸。快水浴場百選にも選ばれた、人気の海水浴場です。

 島の周遊コースを散策できたり、釣堀で釣りができたりと、海水浴以外の楽しみ方も豊富♪水道などの設備も整っており、気軽にキャンプを楽しめるのも人気の理由のひとつです。

 海水浴シーズンはもちろん、四季折々で変わる海の景色を眺めることができ、一年を通じて人々が集まるスポットです。
鶴岡市  

プライベートビーチのような小規模海水浴場

住所:山形県鶴岡市三瀬地内 TEL:0235-73-3035


 山のすそから広がる海、ゴツゴツした岩がゴロゴロ。豊かな自然に囲まれた、特徴的な風景が楽しめる、箱庭のような小規模な海水浴場です。砂浜は広々としており磯遊びもできるので、お子様連れや家族連れには人気のスポットです。また、波の高い時期はサーフィンやボディボードなどマリンレジャーを楽しむ人たちにも人気です。

 1848年に婆々岩に作られた大筒場(砲台)跡があり、異国船防備の拠点となるなど歴史的価値も高く、三瀬海岸のシンボルとなっています。

 夕暮れ時、立岩から眺める夕日も絶景ですので、お見逃しなく♪
鶴岡市  

アクセス便利!7号線沿いにある海水浴場

住所:山形県鶴岡市小波渡地内 TEL:0235-73-2252

 
 国道7号線沿いにある、利便性のいい海水浴場です。

 車越しに見えるカラフルなパラソルに誘われて、思わず立ち寄りたくなります。見晴らしもよく、岩場や磯もあるので、お子様連れでも安心して利用できます。

 海の家などはありませんが、静かな浜でゆっくり楽しみたい人におすすめです♪
鶴岡市  

「快水浴場百選」にも選ばれた穏やかな波の海水浴場

住所:山形県鶴岡市鼠ケ関地内 TEL:0235-43-3547


 庄内最南端、新潟県との県境に位置する鼠ヶ関の海水浴場です。

 粒の大きな玉砂利が敷き詰められており、透き通るようなマリンブルーが特徴。比較的こぢんまりとした空間で、波も穏やか、さらには磯遊びのできる人工磯浜も隣接しており、お子様連れには特に人気のスポットです。

​ ビーチのすぐ裏には、イベント広場やスポーツ広場もあり、海水浴以外でも、大いに楽しめる場所となっています。
遊佐町  

映画『おくりびと』の印象的な場面のロケ地

住所:山形県飽海郡遊佐町吉出石動 TEL:0234-72-5666

 
 平成21年にアカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」の主人公 大悟(本木雅弘)が鳥海山をバックにしてチェロを弾いたシーンの撮影が行われました。現在も撮影当時の場所に椅子が設置されおり、主人公になりきって記念撮影をすることもできます。そのすぐ向かいの河原では大悟が美香(広末涼子)に白い石(石文)を渡すシーンの撮影も行われました。


 鳥海山をバックに田園風景が広がるこの場所は、四季折々に違った装いを感じる事ができ、地元の人などにも人気の散策コースになっています。
遊佐町  

遊佐町で最も有名な湧水の名所

住所:山形県飽海郡遊佐町吉出懐ノ内地内 TEL:0234-72-5666


 鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている様子が身体の「どうっぱら」という例えで呼ばれている胴腹滝。行列ができるほどの遊佐の名水として県内外の人が訪れる遊佐町の人気スポットです。

 不動尊を真ん中に岩の裂け目から左右に二筋の滝が流れており、湧き出た水は右と左で味が違うと言われていて、水を汲んでいる人の中には、右の水を飲む人・左の水を飲む人・半分ずつ混ぜる人など好みがわかれます。※湧水は殺菌されていない自然水です。
 山深く雪も多いですが、冬でも凍ることなく、一年を通して水汲みの人が絶えません。

 滝に向かう途中の整備された遊歩道では、杉並木が照り続ける陽射しを遮り、山の斜面からも豊かな清水が湧きだしています。
酒田市  

酒田の街を慈愛の眼差しで見つめる

住所:山形県酒田市日吉町1-4-38 TEL:0234-24-1164


 酒田大仏で知られる「良茂山 持地院」の創建は応永2年(1395年)に周囲を支配していた浦地勝太夫が開基となり報恩山永徳寺(岩手県金ヶ崎)2世の湖海理元和尚が開山したとされています。

 高さ17mの銅製の立像で、酒田の街を慈愛の眼差しで見つめる大仏。鎌倉や奈良の坐像としての大仏とは異なり、すっと立った優しい面差しの姿は見る者の心を優しい気持ちにさせてくれます。

 現在の大仏は2代目で、当初は大正3年(1914年)に日清戦争と酒田地震の被害者の鎮魂の意味を込め建立されましたが、第二次世界大戦中に金属不足から軍に摂取され、現在の大仏は平成4年(1992年)に新たに建立したもので、台座を含めた総高17m(像高13m)は金属製の立像としては日本一と言われています。
遊佐町  

四季を楽しむトレッキングコース

住所:山形県飽海郡遊佐町吉出字懐ノ内地内 TEL:0234-72-5886


 月光川の上流にある、鳥海山の清らかな水を集めた渓谷が一ノ滝・二ノ滝です。

 巨岩の間を落ちる滝の音と鳥のさえずりを聞きながら、広葉樹林を四季を通して楽しむことができます。
 整備されたトレッキングコースにはなっていますが、急勾配や足元が悪い箇所があるので、小さなお子様連れやご年配の方はご注意ください。トレッキングコースは鳥海山山頂まで続いています。

【一ノ滝】駐車場から徒歩
約15分
・駐車場から赤い鳥居をくぐり、鬱蒼としたブナ林を進むと一ノ滝神社が現れます。一ノ滝はそのすぐそばにあり、絶壁を流れ落ちる豊かな水量と轟音が訪れた人に感動を与えます。滝つぼ近くまで階段が設置されていて、そこからの展望は格別です。

【ニノ滝】一ノ滝から徒歩約20分
・一ノ滝からさらに奥へと進むとニノ滝が現れます。落差25mで2条に分かれて流れるニノ滝は、千畳ヶ原をはじめ広い区域の水が集まるため水量は多く、鳥海の名瀑としても有名です。2月には氷柱トレッキングが行われ、大きなつららとなり蒼く幻想的な姿を見ることができます。
90件中  1件~20件表示
前へ   1 2 3 4 5   次へ  表示件数 :