カテゴリから探す

  • らーめん
  • グルメ
  • ナイトスポット
  • 美容・理容・ヘアサロン
  • 健康・リラク・ボディケア
  • ファッション
  • 習い事
  • 車・バイク
  • 遊ぶ
  • 生活
  • レジャー
  • おみやげ
  • 泊まる
  • 観光スポット
  • 観光イベント
  • 企業
  • 鶴岡市の求人
  • 酒田市の求人

条件から探す

条件検索

サブカテゴリで探す
エリアで探す
設備情報で探す

Information

街パシャ
掲載をお考えの店舗様へ

庄内コンシェルジュインフォメーション

新着情報 - 観光イベント

78件中  41件~60件表示
前へ   1 2 3 4   次へ  表示件数 :
庄内町  

オリジナルの飛龍囃子に合わせ夏の宵を彩る演舞

住所:山形県東田川郡庄内町余目沢田50 TEL:0234-42-2922


 庄内町深川地区に伝わる「飛龍伝説」をモチーフに作り上げたオリジナルの「飛龍囃子」にあわせ、景気のいい掛け声とともに個性豊かな衣装をまとった踊り手が、華麗な演舞を披露する真夏の夜の競演です。

 最も輝いていたチームには「夏宵大賞」の称号とともに伝説の長半纏が贈られます。

【余目飛龍伝説】
 余目の深川集落にある金沼には、その昔一匹の龍が住んでいました。龍は毎年夏になると嵐を起こして農作物に被害をもたらし、村人たちにとても恐れられていました。危害を加えられた村人たちは途方に暮れ、なんとか龍におとなしくしてもらおうと、毎年一人ずつ村の娘を生贄にすることによって、その難を免れてきました。
 ある日、余目一美しい娘に白羽の矢が立ち、この娘が龍に近づき心を込めて訴えたところ、不思議なことに龍はそれ以来姿を見せなくなったと言います。これを機に家内安全・五穀豊穣を祈願するようになりました。
 
酒田市  

無形民俗文化財 松山能

住所:山形県酒田市蔵小路


 松山能は、松山藩主酒井忠恒の時代で寛文の頃(1660年〜)、江戸勤番の松山藩士が能楽を修得したころに始まりました。
明治維新後、武家から町方に伝わり演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」によって受け継がれ、昭和55年に県の無形民族文化財に指定されています。
 
 年に3回の演能により奉納され、その内の「月の能」は、松山藩創立期の祈願所だった皇大神社例祭の夜に上演奉納されます。
庄内町  

余目・八幡神社例大祭

住所:山形県東田川郡庄内町余目字町233 TEL:0234-42-2922


 八幡神社例祭を中心に、毎年9月14日から16日までの3日間にわたって繰り広げられる大祭です。

 14日の前夜祭では湯立舞などが、15日の例祭では巫女舞や獅子舞奉舞・奴振り・神輿還御などが催され、16日の奉謝祭では神輿や昔ながらの衣裳を身にまとった氏子たちが「エイトー、マカッショー」の掛け声に合わせ、余目駅前から八幡神社までの目抜き通りを練り歩く大名行列が催されます。勇ましい甲冑姿や小学生のかわいらしい奴振りが見ることができます。

 他にも、カラオケ大会や、新潟・秋田・山形の三県合同の対抗相撲大会なども開かれます。
酒田市  

鳥海山と庄内平野を眺めながらのBBQ

住所:山形県酒田市

 
 鳥海山を一望しながらの、大草原での本格鋳物の炭火焼きバーベキュー。
その他、魚のつかみどりや、ステージでの交流イベント、グラウンドゴルフ大会など、家族連れや仲間同士で、鳥海高原の大自然を満喫しながら盛り上がれるイベントです。
遊佐町  

抽選で鹿の角を当てよう!

住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦字鳥海山1

 
 鳥海山の標高1,000mにある鹿公園。ここで飼われている、神の使いとされる鹿の角を切り落とす儀式が行われます。
切った角は、五穀豊穣と山の安寧を願って奉納され、その後会場に訪れた人に抽選でプレゼントされます。
飾り物にもなり、高級な漢方薬としても有名な鹿の角。
 
 その他、人形やお食事券など様々な賞品が用意されています。
抽選会のほかにも、芋煮汁の振る舞いがされたり、見事な紅葉もお楽しみいただけます。
庄内町  

庄内町の農・商・工が一堂に会した大収穫祭

住所:山形県東田川郡庄内町余目大塚5−1


2016年より、「あまるめ秋まつり」と「たちかわ秋まつり」が一本化され、「しょうない秋まつり」として生まれ変わりました。

新米や鮮魚、庄内柿など、旬の味覚が集結!
庄内町の“うまいもん”を楽しめる、農・商・工が一体となった一大イベントです。
町内の商店、さらには友好町である南三陸町の自慢の逸品も味わえます。
酒田市  

商売繁盛を祈願する盛大なお祭り

住所:山形県酒田市


「どんしゃん」とは、舟を呑むほどの大魚「呑舟(どんしゅう)」が語源とも言われ、商売繁盛するようにとの思いで名づけられました。
酒田市の中通商店街を中心に、各商店街で2日間にわたって様々なイベントが催されます。
出店はもちろん、フリーマーケットやステージイベントなどが行われ、町中に音楽が鳴り響く、賑やかなお祭りです。
鶴岡市  

羽黒山の年明け彩る炎

住所:山形県鶴岡市羽黒町手向字羽黒山33 TEL:0235-62-2355


羽黒山にある出羽三山神社で行われる、大晦日から元日にかけての火祭り。

100日間参籠し、精進潔斎した2人の山伏が、どちらが神意にかなったかを競い合う験競を中心に行われます。

大晦日から元日の未明にかけて、合祭殿内や鏡池前広場、補屋などで、烏跳び、国分神事など、様々な神事が催され、中でも若者衆による迫力ある大松明引きはみどころです。
遊佐町  

怠惰を戒め家々を渡り歩く鬼

住所:山形県飽海郡遊佐町


「アマハゲ」とは、遊佐町吹浦地区の女鹿・滝ノ浦・鳥崎集落に伝わる民俗行事です。

蓑と面を身につけた若者が、各家庭を回り怠惰を戒めて歩くもので、大筋は秋田の「ナマハゲ」と共通していますが、面の表情や家での振舞いなど、集落ごとに特徴が見られる部分もあります。

 平成11年、「鳥追い」「ホンデ焼き」など正月に行う一連の行事とともに、「遊佐の小正月行事」として、国の重要無形民俗文化財に指定されました。しかし、「鳥追い」「ホンデ焼き」などは、少子化により現在は行っていない集落もあります。
酒田市  

冷水でお清め 無病息災を願う行事

住所:山形県酒田市飛鳥字堂之後92 TEL:0234-52-2486


五穀豊穣や無病息災を祈り、寒中にふんどし姿の子どもや若者が冷水を浴びて参拝するものです。

地元の小学生から30代くらいまでの若者が、歯を食いしばり、全身を真っ赤に染めながら氷のような冷たさの水を浴びます。

同神社の年越し行事である「松例祭」に参加する男衆が、前日に近くの相沢川に入って身を清めたのが始まりとされています。

裸参りは一時途絶えていましたが、平田町の町おこしグループ「飛鳥の行事を楽しくする会」が復活させ、以来氏子が中心となって続けています。
庄内町  

千河原集落に古くから伝わる東北の奇祭

住所:山形県東田川郡庄内町千河原八幡神社 TEL:0234-42-2922


千河原集落に古くから伝わり、東北の奇祭として知られている「やや祭り」。

雪もちらつく寒中に、腰みのだけをまとった少年たちが次々と何杯もの冷水を浴び、安産と無病息災・身体堅固を祈願するお祭りです。

​第15代応神天皇の皇子・大山守命が、謀反を逃れて匿ってもらった産婦への恩として、自らが神となり、産婦の身と産女の安産を約束したという物語が由来となっています。
鶴岡市  

美しいばらに囲まれて楽しいひと時を

住所:山形県鶴岡市湯温海甲 TEL:0235-43-2411


 庄内唯一の歴史あるばら園「あつみ温泉ばら園」。
 熊野神社境内にあるあるばら園は、温泉街を見渡せる高台に位置しており、6月から10月にかけて約90種、3,000ほんの色とりどりの美しい花を咲かせます。

 6月中旬に開催される「あつみ温泉ばら園まつり」は、一番咲きのばらに囲まれながら、楽しいイベント盛りだくさんでみなさまをおもてなしします。
 ばら園下の市道では、オープンカフェやフリーマーケット&クラフト展、無料の人力車体験などが楽しめます。

 初夏のあつみ温泉をぜひお楽しみください。

<平成29年イベント内容>
本年度は「ばら園まつり」と「おもてなし祭り」を同時開催いたします。

◆ばら園内でのイベント◆
・ばら園クエスト
 園内を散策しながら、ばらの品種を集めるゲームです。携帯電話、デジタルカメラ等をご持参ください。参加者には素敵な景品も!
・ばらを楽しむお茶会
・フラワーアート体験

◆ばら園下市道でのイベント◆ 10:00〜16:00
・一日限りのオープンカフェ!
・フリーマーケット&クラフト展
・人力車の無料体験(あつみ温泉地内)
・バッテリーカー(子供向け)

◆ばら園ステージでのイベント◆
13:30〜 オープニングセレモニー
14:00〜 佐藤善人ライブ〜鼠ヶ関出身演歌歌手〜
14:30〜 マロン陵ものまねステージ
鶴岡市  

ここでしか味わえない地産地消の限定酒

住所:山形県鶴岡市湯温海あつみ温泉朝市広場 TEL:0235-43-3547


 地域限定酒「摩耶山」の新酒と温海の美味しいものが一緒に味わえるイベントです。

 清酒「摩耶山」は摩耶山麓の湧き水が流れ込む、温海地域越沢地区「郷清水(ごうしみず)」の水で栽培された「はえぬき」を使用し、東北銘醸株式会社(酒田市)が生酛造りで仕上げたすっきりとした辛口が特徴のお酒です。

 普段、温海地域でしか流通していない限定酒「摩耶山」の新酒をご堪能ください。

☆前売券は電話予約可能です。あつみ観光協会(0235-43-3547)へお問い合わせください。

◇イベント内容
・温海地域の美味しいもの販売
・佐藤善人 歌謡ショー
・お楽しみ抽選会
 【特賞】あつみ温泉ペア宿泊券
 【金賞】新酒「摩耶山」プレゼント

◇新酒まつりスピンオフ企画
 【東北銘醸酒造り見学ツアー】
 3月5日(日)お一人様 4,200円
 【ツアー内容】
 9:00 あつみ温泉朝市広場出発→「摩耶山」製造元を見学→さかた海鮮市場で昼食→相馬楼、酒田舞妓演舞鑑賞→あつみ温泉着

☆温泉街では「湯のまち人形めぐり」が3月1日〜4月3日まで開催されます。合わせてご覧ください。
遊佐町  

自然が造り出す驚異の造形美

住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦西浜2-76 TEL:0234-77-3711


落差25mで2条に分かれて落ちる美しい滝「二ノ滝」。

厳寒の真冬には滝が大きなツララとなり、普段見られない荘厳な滝を拝むことが出来ます。滝つぼが凍ったときは、滝の裏側まで見ることができることも…

当イベントでは、片道2時間のスノートレッキングを楽しんで、蒼く不思議な色に輝く氷柱を見学。冬の寒さを楽しみに変える、大人気のツアーです。

インストラクターも同行するので、初めての方も安心してご参加いただけます。
鶴岡市  

寒仕込みのしぼりたての新酒が味わえる!

住所:山形県鶴岡市大山

 米作りが盛んであり、伏流水も豊富である大山は、「酒造の町」として広く知られています。現在では「出羽の雪」「栄光冨士」「大山」「羽前白梅」の4軒となった酒蔵ですが、全盛期には40軒も存在していました。

 酒造業の最盛期となる冬期間に合わせて開催される「新酒まつり」では、大山の酒造の蔵出し銘酒を堪能できる企画が多数用意されます。地区内では巡回バスも運行しますので、各会場で行われるイベントを巡り、新酒を味わいつくしましょう。
酒田市  

東北二大農村歌舞伎「冬の黒森」

住所:山形県酒田市黒森字村中47 TEL:0234-24-2994


江戸時代中期の享保年間から、黒森地区の日枝神社の祭礼に奉納されたと言われる農民歌舞伎で、270年以上もの間伝承されてきました。

雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」とも言われ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指です。
東北地方では、東北二大農村歌舞伎として「冬の黒森、夏の檜枝岐」と称されています。

歌舞伎とともに厳寒の社殿で、毎年旧正月にあたる2月の2日間(15日・17日)に奉納されています。

雪の降りしきる境内で観る歌舞伎は圧巻です。桟敷席では毛布や湯たんぽの提供もあります。

【平成29年演目】
「絵本太功記」
酒田市  

華やかな京文化 様々な時代雛を巡る春

住所:山形県酒田市内 TEL:0234-24-2233


 かつて江戸や京都、大坂(現大阪)などとの交易で賑わった湊町酒田には、北前船により運ばれてきた、由緒ある雛人形が数多く残され、大切に保管されてきました。酒田の旧家に伝わるお雛様は、非常に贅を尽くしたものが多いと言われています。

 開催期間中、江戸時代から大切に受け継がれてきた由緒ある「雛人形」や、地元に伝わる素朴な「鵜渡川原人形」、様々な飾り物に願いを込めた「傘福」などを華やかに展示します。

 また、期間中はいろいろなイベントが開催されており、市内飲食店や菓子店では、期間限定の雛膳や雛スイーツを提供いたします。

 今年度のお楽しみ企画として、スタンプラリー・アンケートに参加していただいた方には粗品を進呈いたします。

 JR酒田駅・鶴岡駅・庄内空港に<お雛様の顔出し看板>が設置されます。顔出し看板でのショットをSNSにあげていただいた方にも粗品を進呈いたします。

 湊町・酒田に春の訪れを告げる、酒田雛街道。贅を尽くした様々な雛をお楽しみください。
鶴岡市  

約300本の梅が咲き誇る幻想風景

住所:山形県鶴岡市湯田川 TEL:0235-35-4111


 名勝・金峯山の山懐にあたる湯田川温泉内にあり、竹林に囲まれた風光明媚な公園には、約300本の紅梅・白梅が咲き乱れます。

 見頃となる3月下旬から5月上旬にかけて開催される「湯田川温泉 梅林公園 梅まつり」では、湯田川温泉神楽の上演や、湯田川温泉女将会による「野点」、地元有志による琴の演奏など、春の陽気の中で楽しめるイベントも盛り沢山です。

※曜日によりイベントが開催されます
庄内町  

庄内平野を一望できる 桜の名所

住所:山形県東田川郡庄内町狩川 TEL:0234-42-2992


 眺望のよい高台に位置し、北庄内を一望できるビュースポットがある楯山公園。春には約1,000本の桜が咲き誇り、桜の名所としても有名です。

 毎年4月中旬から下旬頃におこなわれる桜まつりでは、鰊あぶり焼きや豚あぶり焼きが楽しめるほか、各種売店、楯山野音フェス2017(22日15:00〜)、スタンプラリーなどが開催されます。

 また、鰊または豚のあぶり焼き、カップ酒、買物券、空クジなしの抽選券がセットになったお得な前売券(1,000円)も販売しています。

 桜の下で、春の賑わいをお楽しみください。
鶴岡市  

神輿を担いで川に入る勇壮な祭り

住所:山形県鶴岡市鼠ケ関 TEL:0235-44-2112


 江戸時代から始まったとされる、歴史ある祭典です。

 午前9時ごろから白装束の若者たちが祭り太鼓や笛に合わせて神輿を担ぎ、家々を練り歩き途中で出されるお神酒でさらに勢いがつき、最後に鼠ヶ関川に辿り着くと、神輿を担いだまま入水し、水をかけ合いがはじまります。身を洗い清めるとともに、神の霊力を強める呪術の一種ともいわれています。

 同日、小岩川集落住吉神社にても例祭が開かれ、神輿が担がれます。(11:00〜神社出発、12:00〜神輿押し)


◇厳島神社◇
名勝 弁天島に社(やしろ)があり、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、通称「弁財天」が祀られています。
78件中  41件~60件表示
前へ   1 2 3 4   次へ  表示件数 :