カテゴリから探す

  • らーめん
  • グルメ
  • ナイトスポット
  • 美容・理容・ヘアサロン
  • 健康・リラク・ボディケア
  • ファッション
  • 習い事
  • 車・バイク
  • 遊ぶ
  • 生活
  • レジャー
  • おみやげ
  • 泊まる
  • 観光スポット
  • 観光イベント
  • 企業
  • 鶴岡市の求人
  • 酒田市の求人
  • 不動産物件

条件から探す

条件検索

サブカテゴリで探す
エリアで探す
設備情報で探す

Information

街パシャ
掲載をお考えの店舗様へ

庄内コンシェルジュインフォメーション

新着情報 - 観光イベント

78件中  41件~60件表示
前へ   1 2 3 4   次へ  表示件数 :
鶴岡市  

化け物退治の名犬“メッケ犬”のお祭り

住所:山形県鶴岡市大山地内 TEL:0235-33-2117


 庄内三大まつりの1つとされる大規模なお祭り。

 大山地区にある椙尾神社の裏山に棲む化け物(ムジナ)を退治したメッケ犬に由来しており、椙尾神社の例大祭として300年以上の歴史があります。

 お祭りのくねり(行列)に繰り出す華やかな「からぐり山車」は、台座の上に枝振りの良い木を立てて、枝の上へ上へと15m〜6mの高さに制作し、かつては遥か鶴岡の城下からも見えたのだとか。(現在は、交通機関等の関係で5.15m)
 メッケ犬を象った犬みこしや、化け物に捧げたという仮女房を乗せた行列などが街中を練り歩くパレードは圧巻です。

<メッケ犬伝説>
 昔むかし、椙尾神社の裏山に化け物がおりました。毎年お祭りの日には、美しい娘を人身御供として差し上げなければ田畑を荒らすので、不作に苦しまなければなりませんでした。
 ある年、大山を通りかかった1人の六部(修験者)が話を聞き、祭りの夜1人椙尾神社の天井に隠れていると、2人の大入道が現れ「丹波の国のメッケ犬にこのことを聞かせるな」と繰り返しながら娘を二つにしました。
 これを見ていた六部は、丹波の国へ行き「メッケ犬」を探し出し、祭りの日に娘の代わりにメッケ犬をカゴにのせ供えました。夜中になって現れた大入道がカゴを開けたところ、メッケ犬が一声高く吠え大入道を退治しましたが、自分も血に染まって倒れてしまいました。
 以来、メッケ犬は椙尾神社のお前立となり、毎年メッケ犬を祀る「犬まつり」となりました。
酒田市  

色とりどりのお花に囲まれて

住所:山形県酒田市飛鳥字契約場30 TEL:0234-52-3915


 毎年この時期に開催される、色とりどりの花の苗、緑鮮やかな盆栽類や植木がずらりと並ぶ、花と緑いっぱいのお祭りです。

 植木の他にも、庄内町特産で紅白の更紗(さらさ)模様が鮮やかな「庄内金魚」の販売や、平田の特産品や軽食の販売、地元店舗による庭石や石灯籠の販売などが行われます。
 また、クラフト体験教室や平田保育園児による踊りの披露、お楽しみ抽選会などもあり、ご家族揃ってお楽しいただけるイベントとなっています。
(※イベント内容は変更となる場合があります)
鶴岡市  

水と炎で演出された幻想的な能舞台

住所:山形県鶴岡市三千刈清和158-1


 500年以上にわたり、農民の手で受け継がれてきた国指定重要無形民俗文化財「黒川能」を、櫛引総合運動公園内の特設水上野外ステージで、かがり火の中、幻想的に上演します。
黒川能の多くが神への奉仕と奉納という形で社殿等で演じられている中、長年に渡り定期的に開催されている野外演能は「水焔の能」だけです。
鶴岡市  

山形・庄内の自然の恵み 旬のおいしさ さくらんぼを思う存分味わおう!

住所:山形県鶴岡市西荒屋字杉下106-3


 果樹の栽培種類数で県内一を誇る「フルーツタウンくしびき」の初夏の味覚“さくらんぼ”が旬を迎える時期に「櫛引さくらんぼまつり」が開催されます。
観光果樹園でのさくらんぼ狩り、さくらんぼ販売、さくらんぼを用いたミニゲームが行われ、当日は受付会場から観光果樹園までは無料のシャトルバスなどの運行もあります。
鶴岡市  

化けものが練り歩く「化けものまつり」

住所:山形県鶴岡市神明町3-40 TEL:0235-25-2111

 学問の神様といわれる菅原道真公を祀る鶴岡天満宮のお祭りで、道真公が九州太宰府に配流された時、道真公を慕う人々が時の権力をはばかり、姿を変え顔を隠して密かに酒を酌み交わし、別れを惜しんだという言い伝えがあります。

 老若男女に関係なく、派手な花模様の長襦袢に帯を締め、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、手に盃と徳利を持ち、無言で酒を振る舞います。

 通称「化けものまつり」として呼ばれ、当日は、子供や大人など様々な化けものが鶴岡市中心部を歩き回ります。化けもの姿で3年間誰にも知られずにお参りができると、念願が叶うと言われています。

開催スケジュールはページ内をご覧ください。

酒田市  

庄内三大祭りの1つ

住所:山形県酒田市中町 TEL:0234-24-2233

上下両日枝神社の例大祭「山王祭」として、1609年から一度も休むことなく続いているお祭りで、酒田大火復興記念となった昭和54年から「酒田まつり」として開催しています。

メインとなる20日の本祭りは、大獅子や仔獅子、傘鉾など約50台の山車行列があります。

お祭り期間中は約350店舗の出店が並び大賑わいとなります。
 

開催スケジュールはページ内をご覧ください。

 

酒田市  

日本海の冬の味覚「寒鱈汁」

住所:山形県酒田市中町ほか


日本海の冬の味覚「寒鱈」を食すイベントです。
寒鱈とは真鱈のことで、味噌仕立てにした大鍋に身も骨も内臓も余すところなく入れ、豪快に煮たあつあつの郷土料理です。
雪のちらつく屋外で堪能するおまつりですが、寒鱈汁で体も温まります。
会場では太鼓演奏や抽選会、さらには消防出初式(日曜日)もあり、冬の寒さが吹き飛ぶ2日間です。
鶴岡市  

鼠ヶ関港の新鮮魚介を堪能

住所:山形県鶴岡市鼠ヶ関港周辺


鼠ヶ関港より直行!直売!新鮮さ間違いなしです。
 
通常山形県内では、夕方水揚げした魚がセリにかけられ、お店に並ぶのは早くとも翌日ですが、「とれたてお魚夕市」のお魚は、競り落されたばかりの鮮魚です。

◇◇平成27年開催情報◇◇
9月5日(土)は旬のエビづくしの「エビまつり」が開催されます。鼠ヶ関港水揚げの旬のエビをふんだんに使った、エビ汁、エビ丼、エビ焼き、エビ握り鮨を販売予定。エビを使用したメニューを中心に、鼠ヶ関の「んめもの」がたくさん販売されます。
鶴岡市  

山伏の大柴燈護摩で祈る風鎮めの祭り

住所:山形県鶴岡市羽黒町手向字羽黒山33  TEL:0235-62-2355

 
 
出羽三山神社の修験神事の一つで、開祖蜂子皇子の修行を辿る秋峰の行を行っている山伏によって、羽黒山頂の蜂子神社の前庭で大柴燈護摩が焚かれ、豊作と家内安全が祈られます。山伏たちによって点火された護摩は夜の羽黒山頂を照らしえんえんともえる様子は荘厳そのもので、1,400年の歴史と伝統をしのばせます。

 実った稲が潰されないように風を鎮める祭りで、陰暦の8月1日からその前夜を祭日としたので、八朔祭と呼んでいます。
鶴岡市  

日本海を望む野外ステージで伝統芸能を披露

住所:山形県鶴岡市早田戸ノ浦606


 道の駅「あつみ」しゃりんオープン記念行事として開催され、温海地域の山五十川地区に伝わる、山形県指定無形民俗文化である「山戸能」を、日本海に沈む夕陽を背に上演します。
 お楽しみ抽選会やヨーヨー釣りなど、お子様が楽しめるイベントも盛りだくさんです。
鶴岡市  

山王商店街 最大のお祭り

住所:山形県鶴岡市山王町

 
 山王通りにて、各地から参加する踊り子さん達による流し踊りや屋台の出店などで盛り上がります。大原則は「みんなの笑顔」!
踊る人も、演奏する人も、観る人も、関わっている人全員で創り上げるお祭りです。
鶴岡市  

庄内藩の参勤交代を再現 勇壮華麗な歴史絵巻を繰り広げます

住所:山形県鶴岡市馬場町4-1

 
 荘内神社が創建された明治10年に、旧藩主を慕う市民の手でかつての大名行列が再現されたお祭りです。
天下人秀吉より賜った金びょうたん槍を先頭に、奴振り、鎧武者の甲冑列など総勢約500名からなる大名行列が、歴史絵巻を繰り広げます。
 また荘内神社を舞台に、酒井公が手厚く保護したという国指定重要民俗文化財「黒川能」が奉納上演されるほか、夜には、鶴ヶ岡城の外堀であった内川の水面を灯籠流しの灯りが彩ります。
鶴岡市  

櫛引地域と温海地域の能が特設舞台で共演

住所:山形県鶴岡市湯温海

 あつみ温泉街を流れる「温海川」の特設舞台で、櫛引地域の「黒川能」と温海地域の「山戸能」が共演!温泉街を流れる清流と、幽玄の舞台、鶴岡に根差す伝統芸能のコラボレーションをお楽しみください。

【黒川能】
櫛引地域に伝わる伝統芸能で、伝承500年、能の古来の姿をそのままに伝える国指定・重要無形民俗文化財となっています。
【山戸能】

山五十川地区に伝わる能楽で、曲目は明治30年頃までは120番ありました。今は内9番が伝えられ、毎年1曲ずつ演じています。
鶴岡市  

獅子の郷で伝統芸能に存分に触れる一夜を

住所:山形県鶴岡市藤の花1-1-1

 
 「ふじしま夏まつり」では、数多くの獅子踊りが披露される「鶴岡伝統芸能祭」や、安心・安全・安価なおいしいお肉をバーベキューで堪能できる「焼肉フェスティバル」などが開催されます。
 藤島は古くから獅子の郷「獅子郷(ししごう)」と呼ばれ、たくさんの獅子踊りや神楽が伝承されています。
その伝統芸能を一堂に会し、夕暮れから獅子踊りが始まります。伝統芸能を鑑賞しながらのバーベキューもまた格別です。
鶴岡市  

日本海の潮風浴びて爽快漁船体験!

住所:山形県鶴岡市鼠ヶ関


 漁業の街、鼠ヶ関(ねずがせき)ならでは、休漁期間中の底引き網漁船を使ったクルージングです。
夕方出港のクルージングのハイライトは日本海に沈む美しい夕陽です。
 
 鮮魚を使ったウミネコの餌付け、イカの一夜干し作り体験、船長さんの楽しいお話が人気です。
貸切もできますので、子供会や町内会、お仕事仲間などいろいろご利用いただけます。
酒田市  

手作りビッグイベント

住所:山形県酒田市飛鳥字契約場30

 
 毎年、実行委員会が中心となり企画・開催される手作りイベントです。
アートパフォーマンスやジャグリング、一輪車演技などが行われる“目ん玉部門”のほか、盆踊りや大抽選会、商工会による出店、そしてフィナーレの打ち上げ花火など、楽しいイベントが盛りだくさんです。
酒田市  

演目数が豊富な新山延年舞

住所:山形県酒田市楢橋新山18


 昭和54年に国の重要資料保存文化財に、昭和55年には県無形民俗文化財の指定を受けた舞。
演目数が7つと豊富で、新山でしか見られない演目もあります。
このほかに、祭りの式直後に舞う巫女舞と獅子神楽舞があります。
酒田市  

真夏のバンドコンテスト

住所:山形県酒田市土渕

 
 眺海の森
音楽祭は、「音楽によるまちづくり」を目指して平成2年から金管楽器コンサートとして始まりました。

 アマチュアバンドのライブコンテストは、平成8年から新たに開催されるようになりました。
様々なジャンルの音楽を通じて交流を深め、地域の活性化につなげようと、県内外から多くのバンドが参加し、入賞を目指して熱いライブバトルが繰り広げられます。
酒田市  

広大な最上川河川敷で開催するダイナミックな花火ショー

住所:山形県酒田市両羽町

 
 1929年に酒田港が第2種重要港湾に指定されたのを記念して花火を打上げたことから始まり、花火大会が開催されるようになりました。平成15年からは現在の場所で打ち上げるようになり、酒田ICからも近いことから県内外から多くの見物客が訪れます。
 
 最上川河口の広大な敷地を最大限に利用したダイナミックな花火ショー。
水上スターマインや空中スターマイン、圧巻の2kmに渡る空中ナイアガラなど見どころ満載です。
 
 また、音楽と花火のコラボも魅力の一つとなっており、大型スピーカーによるサウンドに合わせて打ち上がる花火が楽しめます。
酒田市  

繁昌じゃおまへんか♪

住所:山形県酒田市中町

 
 酒田甚句に乗り、約2,000人の市民による踊りパレードが市の中心商店街で繰り広げられます。
江戸時代からの北前船交易による酒田湊の繁栄ぶりがよく表されている歌詞で、「ホンマに酒田はよい港 繁昌じゃおまへんか」と関西弁も入り、上方文化の影響を感じさせます。この酒田甚句は、お座敷歌として現在まで歌われ続けてきました。
 パレード終了後には、酒田甚句をアップテンポにしたS-Jinkuに乗り、創作ダンスで会場を沸かせます。
78件中  41件~60件表示
前へ   1 2 3 4   次へ  表示件数 :