皇大神社奉納能 月の能 松山能(8月中旬) 【酒田市】

無形民俗文化財 松山能

無形民俗文化財 松山能

 松山能は、松山藩主酒井忠恒の時代で寛文の頃(1660年〜)、江戸勤番の松山藩士が能楽を修得したころに始まりました。
明治維新後、武家から町方に伝わり演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」によって受け継がれ、昭和55年に県の無形民族文化財に指定されています。
 
 年に3回の演能により奉納され、その内の「月の能」は、松山藩創立期の祈願所だった皇大神社例祭の夜に上演奉納されます。

 

インフォメーション Information

名称 皇大神社奉納能 月の能 松山能(8月中旬) フリガナ コウダイジンジャホウノウノウ ツキノノウ マツヤマノウ
住所 山形県酒田市蔵小路 公式サイト http://www.city.sakata.lg.jp/ou/shoko/kankoshinko/kankokoryu/7020.html
日時 平成28年8月20日(土)午後7時~ 場所 皇大神社(能楽堂)
アクセス JR酒田駅から車で約30分
JR余目駅から車で約10分
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約30分
駐車場 あり
お問合せ 酒田市松山総合支所建設産業課
Tel.0234-62-2611
備考

マップ&アクセス Map&Access

JR羽越本線:酒田駅から車で約25分(14.6km)
JR羽越本線:余目駅から車で約13分(5.9km)
日本海東北自動車道:酒田中央ICから車で約19分(11.9km)