弁天島 【鶴岡市】

Tel:0235-43-4617

源義経上陸の地

 
 その昔、源義経が兄・源頼朝の追討を逃れ、奥州平泉に向かう途中に上陸したのがここ「弁天島」と伝えられています。昭和41年の大河ドラマ「源義経」にちなみ、島に祀られる厳島神社境内には記念碑も建てられました。
 
 もともとは離れ小島だったという弁天島ですが、現在では遊歩道なども整備され、シンボルとなる鼠ヶ関灯台の元まで気軽に散策できます。平成28年8月29日には、日本ロマンチスト協会と日本財団が共同で実施する「恋する灯台プロジェクト」において、鼠ヶ関灯台が恋する灯台(恋する灯台のまち)として認定されました。
 周遊コースは見渡す限り海が広がり、夕暮れ時には日本海に沈む美しい夕日も望めます。


 近くには鼠ヶ関鮮魚センターがあり、その日にあがった鮮魚やイカの一夜干し、魚の一夜干しなどの加工品を売る地元のお母さんたちの元気な声が響きます。

ピックアップインフォメーション PickupInfo

画像1
島を周遊できる遊歩道もしっかり整備されています。海風を感じながらの散策はとても気持ちいいですよ!
画像2
厳島神社の境内には、大きな碇が転がっていました。なんとも港町らしいオブジェです。
画像3
ゴツゴツとした岩場に叩きつけるような荒波。迫力満点の大自然を直に感じられます。

インフォメーション Information

名称 弁天島 フリガナ ベンテンジマ
住所 〒999-7126
山形県鶴岡市鼠ケ関
TEL 0235-43-4617
参拝期間 通年自由(荒天や波の高い場合は通行できないことがあります) 駐車場 あり
営業時間 【鼠ヶ関鮮魚センター】8:00〜17:00
※定休日:年末年始ほか
問い合わせ 0235-43-4617 (鶴岡市温海庁舎 産業課)

関連情報 Related Information

鼠ヶ関で行われる「鼠ヶ関神輿流し」
鼠ヶ関で行われる「鼠ヶ関神輿流し」

マップ&アクセス Map&Access

日本海東北自動車道:あつみ温泉ICから車で11分(8.0km)
JR羽越本線:鼠ヶ関駅から徒歩で7分(649m)