本間美術館 【酒田市】

Tel:0234-24-4311

公益の精神を今に伝える―芸術・自然・歴史の融合


 文化10年(1813)本間家四代目の光道が、働く人々の幸福のためにおこした救済事業で完成した別荘であり、日本の代表的庭園「鶴舞園」があります。古書、骨董、絵画等の美術品の展示をはじめ、大正ロマン溢れる迎賓館や、美しい日本庭園風景が一段と目を引く美術館です。

 昭和22年、戦後で荒んだ人々の心を励ますと同時に、芸術文化の向上を目的として、全国に先駆けて「本間美術館」が開館されました。以後、本間家に伝わる庄内藩酒井家・米沢藩上杉家など、東北諸藩からの拝領品を中心に展示活動が始まり、現在まで引き継がれてきました。

 酒田の歴史に触れながら四季折々の芸術を味わえる、安らぎに満ちた空間となっています。

ピックアップインフォメーション PickupInfo

画像1
酒田の迎賓館として多くの貴賓・名士を迎えてきた「清遠閣」。手漉きガラス窓や御座所のシャンデリアなどが特徴的な建物です。
画像2
鳥海山を借景とする池泉廻遊式庭園「国指定名勝 鶴舞園」。中島の松に鶴が飛んできたことから藩主酒井侯によってその名前がつけられました。歴史を感じさせる灯籠や古木が織り成す風景は、季節ごと違った表情を見せてくれます。
画像3
館収蔵作品のほか、年間を通して様々な企画展を開催している「美術展覧会場」です。

インフォメーション Information

名称 本間美術館 フリガナ ホンマビジュツカン
住所 〒998-0024
山形県酒田市御成町7-7
TEL 0234-24-4311
開館時間 【4月~10月】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【11月~3月】9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日 【12月~2月】火曜日・水曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始、展示替休館日(鶴舞園見学可)
駐車場 あり(普通30台、バス10台) 入館料 大人 900円(810円)/大高生 400円(350円)/小中学生 無料
※( )は団体20名以上
備考 土門拳記念館、酒田市美術館もあわせてご覧になりたい方は1年間有効の3館共通券(1,610円)もあります。(各施設1回入館)
本間美術館、本間家旧本邸との共通入館券1,400円もあります。
   

マップ&アクセス Map&Access

日本海東北道:酒田みなとICより車で9分(4.7Km)
JR羽越本線:酒田駅より徒歩5分(383m)